2017年12月10日日曜日

UTC-63三脚とD850で夜景など

新しく手に入れた三脚、ベルボンUTC-63でスローシャッターを試してみた。だが、天気が良く無風の上、D850はライブビュー時に電子シャッターを使った無音撮影ができてしまうため、当然ながら画像はブレていない。


Nikon D850/AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
f=70mm. ISO100, F 8.0, 8秒
ピクチャーコントロール:スタンダード, WB:自然光オート

 Nikon D850/AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
f=200mm. ISO100, F 8.0, 5秒
ピクチャーコントロール:スタンダード, WB:自然光オート

SnapBridgeアプリから、Wi-Fi経由でレリーズできるらしいが、面倒臭いのでセルフタイマーを使ってしまった。今回は条件が良すぎて三脚の性能はよくわからなかったが、ライブビューでの拡大画面を見ていると、アルミ製のULTRA LEXi Lよりも振動のおさまりが早いようには感じた。

その他、昼間の画像。D850でよく解像している画像を選んだ。このAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR IIは、購入後に何度も工場へ送り調整してもらった曰く付きの品で、テレ側周辺は及第点であるものの、ワイド端から100mmあたりの中間焦点域においては、画面の隅々まで凄まじい解像力を発揮する。
 Nikon D850/AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
f=70mm. ISO100, F 8.0
ピクチャーコントロール:スタンダード, WB:自然光オート
元サイズ画像(8256x5504=45.44MP)ダウンロード

テレコムセンターの展望台より。黄色っぽくて変な色なのはガラス越しのせいだろう。以前から自然光の場合にAWBを使うことは無く、天候や時間帯にかかわらずWBは5000K固定で撮っているが、今回はD850で新しく導入された「自然光オート」なるものを使ってみている。
 Nikon D850/AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
f=105mm. ISO100, F 8.0
ピクチャーコントロール:スタンダード, WB:自然光オート

Ai Micro-Nikkor 55mm F3.5はフィルム時代の1977年に発売されたレンズだが、期待どおり見事な解像力だ。このあたりの焦点距離の現代のレンズでも、同じF8まで絞って画面隅までこのレベルで解像するレンズは少ないだろう。4500万画素のD850では、このレンズにはほんの僅かだけ像面湾曲があり、無限遠のストップ位置では中央は完璧だが周辺像が少しだけ甘くなることが観察できる。無限遠のストップ位置よりもほんの気持ちだけ前ピンにすると、周辺部も中央との差がなくなる。この画像では、右上のスカイツリーの先端の写り具合を比較するとよくわかる。
 Nikon D850/Ai Micro-Nikkor 55mm F3.5(1977)
ISO100, F 8.0
ピクチャーコントロール:スタンダード, WB:自然光オート
D700もD800Eもカメラに内蔵している電子水準器は狂いがひどく使い物にならなかったが、あれからどうなったんだろう。やってみるとD850の電子水準器は意外に使える。と言いつつも、画像は微妙に右上がりに見える。このような被写体だと二点拡大も使えず肉眼でも気泡レベラーでも水平を合わせ辛い。D850のこれが偶然ではなくちゃんと改良されているのであれば有難い。

以下、同日のほかの画像。



今回はこれまで。

2017年12月9日土曜日

ベルボン UTC-63 と中華Lブラケット

今回のメインは新しく手に入れた三脚「UTC-63」だが、その前にAmazonで手に入れた「インポン」という不思議な名前のLブラケットをお見せしよう。
この種のLブラケットはReally Right StuffやMarkins、Kirkなどの機種専用にデザインされたものが知られているが、ご存知の通り高価である。こちらは機種を限定しない中国製汎用品。こんなもの大丈夫なのか?と思いつつ2千円なので注文してみたところ、思ったより大丈夫そうだったのでご紹介したい。


アルカ型クランプとLブラケットがセットで2000円。
届いてみると、意外に精密感があり、強度や耐久性などは不明だが、差し当たり問題ないように見える。
クランプとブラケットの裏面。クランプには1/4インチの皿ネジが取り付けられていたが、これは取り外さないと使えない。
D850につけてみた。とくに問題なく取付可能。

背面から。液晶のチルト機構が干渉することも無い。

ボディ左手の端子カバーはあけることができなくなる。写真では縦位置用のパーツが前方にやや傾いているが、下のネジ2か所を六角レンチで緩めれば少し動かせるので、これはまっすぐにすることができる。

底部の様子。前倒れ防止機構は無く、プレート面のゴムは効いているものの、24-70や14-24などの重いレンズは不安がある。D850底部には三脚ネジ穴の隣に穴があり、このブラケットの長穴の端っこ、止めネジを挿入するためのネジが切ってある部分と偶然なのか必然なのかわからないが、ピッタリ一致する。

じゃあ、ここにビデオピンでも差しておけばいいではないか。写真手前の黒いブツは、マンフロットのプレートに付属していたもの。

インポンプレートの穴に入れてみる。このビデオピンの太くなっている部分が1/4インチ穴に押し込めると思ったが、このビデオピンのプラスチックは意外に硬く、無理やり押し込むことはできずにちょっと浮いてしまう。

D850底部の穴にのせるとこんな感じ。やはりちょっと浮いているが、このままブラケットを取り付けても意外と大丈夫で、締め付けてもボディとブラケットの間に隙間は空かない。

こんな感じでおさまる。一応、これでガクンと前倒れすることはないが、前倒れ方向へはややガタがあり、ガチガチに固定することはできなかった。もう少したてば、D850用の中国製ノーブランド商品が出てくるかもしれない。

さて、今回のメインはベルボンのUTC-63だ。三脚はでかくて重いもの程安定性が良いのは知れたことだが、持ち運びができなければ意味が無い。以前から使っている三脚の中で、一番良く使っているのがベルボンのULTRA LEXi Lで、コンパクトながら必要十分な安定性があり重宝している。今年発売されたUTC-63は、シリーズ初のカーボン製で、アルミ製ダイレクトコンタクトパイプを使ったこれまでのULTRAシリーズ・UTシリーズの推奨積載質量が3kgだったのに対し、カーボンパイプを採用したことで推奨積載質量が4kgへとアップしている。UTシリーズは足をひっくり返して畳めるのでULTRAシリーズよりも一層コンパクトだ。これはいい。以前から気にはなっていた製品だったが、エレベーター無しではやや全高が低いこと、エレベーターを下げても肩から上の首部分が長く、安定性に不安があること、雲台が交換可能であるとはいえ規定の収納性能を発揮できる付属雲台が自由雲台であること、そしてパイプ径+全高という価値基準で考えると、小さな三脚の割にはかなり高価であるなど、購入をためらう理由はたくさんあった。購入を決めたのはこの記事だ。ストラップが舞い上がるほどの強風の中、49.6mm相当で30秒間露光とある。それはいくらなんでも無理だとは思うが、ともあれ夜景専門の方が高い評価をしていることは、購入の決め手になった。

ベルボン UTC-63 (自由雲台 QHD-S6Q付き)
カーボン30mm 5段
縮長36cm・重量1520g
EV無し全高 136cm/EV使用 155cm


正直に言おう。これまで使ってきたULTRA LEXi Lの方が大きいし、肩の位置も高いので安定感がある。だが、UTC-63は圧倒的にコンパクトで、今後持ち出すのは間違いなくコレになる。