2017年1月23日月曜日

Little Planet 2

日曜日の秋葉原にて。歩行者天国を往復して、数か所でパノラマ写真を撮影してみた。14ミリレンズ横位置で上下3枚x水平4枚=12枚の画像からパノラマ画像を合成した。カラフルなビルに囲まれた賑やかな画像が出来上がった。数秒置きに撮影された複数の画像セットから一枚のパノラマ画像を作成しているため、画像のつなぎ目では周囲を歩いている人々の姿が幽霊のように上半身だけや足元だけの人影となって写っている。これを不自然だと思えば修正することもできるが、画像を機械的に生成することは写真という技術の使命であり、機械的な手順で生成するステッチング画像に現れるこの現象も、同じ技術の延長線上にあると考えれば、これは受け入れられるべき自然な描写であると考えるのが本来的にも自然であるように思う。撮影時にアクティブDライティングをHPにしているので、暗部が持ち上げられたやや人工的な階調になっている。


こちらは1枚目と同じ元画像のセットから上下方向を上から2段のみ使用し、8枚の画像から合成。

Little Planetと手順はほとんど同じだが、パノラマ画像の上下を回転させずに極座標フィルタを適用するとこうなる。この画像加工方法には別な名前があるのだろうか。





画像左の女性と画像下中央の後姿の女性は同一人物で、スマホのシャッターを押してしてあげた後に、末広町方面へ向かっている。







14mmレンズを横位置で使う場合の水平画角は81度。画像をくっつけるためのコントロールポイントをHuginで検出させるために画角の3分の1くらい重複させているため、上下を3枚で撮影すると天頂から足元までカバーするには少し足りない。上下の画角は約135度で、ビルのてっぺんが仰角67.5度以上の位置にあれば画像の上からはみ出してしまい、極座標フィルタを適用するとな下のように変な画像になってしまう。


今回までは横位置で上下3段・水平は4枚だったが、今度やるときは縦位置で上下は2段・水平は6枚でやってみよう。縦位置で上下3段x水平8枚にすればもっときれににつながると思うので、1コマ24枚からの合成も試してみようと思う。

2016年12月31日土曜日

Little planet

14ミリレンズの画角は104度なので、90度ごとに4枚撮るだけの簡単な操作で360度のパノラマ画像を撮影することができる。Little Planetを作成する場合、縦方向の画像は必ずしも180度分必要ではないが、中央部のヘソをきれいにつなげるには真下の足元まで撮影しておく必要がある。

14ミリレンズで周囲4枚撮影した画像から合成。上下方向は水平方向に1枚のみで、14ミリレンズの垂直画角(81度)分しか含まれていない。

垂直方向を3回撮影し12枚の画像から合成。下方向が完全に真下まで撮影されていなかったため、ヘソ部分がつまんだように不自然になってしまった。

垂直方向を3回撮影し12枚の画像から合成。真下まで撮影したので中央部はきれいにつながっていて、三脚のパイプが写りこんでいる。

上下方向は2回で合計8枚の画像から合成。ズームリングの位置がずれてしまい18mm位置で撮影されていて画角が不足していたが、ぎりぎり合成できた。合成画像の一部に穴が開いてしまったので修正した。

垂直方向を3回撮影し12枚の画像から合成。

1枚目の画像のように、垂直方向を足元まで含まない画像の方が球体が小さくなり周囲に飛び出す構造物のニョキニョキ感が強くなって面白い画像になるが、中央のヘソは不自然になる。また、元画像を足元まで撮影した場合、中央部のヘソをつまんだ感じはなくなるが、三脚のパイプや自分の影が写りこんでしまうので、いずれにせよ中央のヘソ部分をどうごまかすかは工夫が必要になる。また、Little Planet画像の四隅に放射方向にスジが現れたり、2枚目の画像のようにシャボン玉のような画像になってしまう場合があるが、天頂付近に雲があるとこうなる。撮影時に注意するか、パノラマ画像を後、極座標フィルタを適用する前に画像修正で天頂付近の雲を消しておくのが良いかもしれない。